産休明けはバイト看護師として体を慣らしましょう!

看護師バイト > 産休からバイト看護師に復帰するタイミング

産休からバイト看護師に復帰するタイミング

どの仕事でも同じことが言えますが、何らかの理由で職場を離れた場合、復帰するのはできるだけ早いほうがいいです。 看護師が職場を離れるきっかけとして多いのが、妊娠・出産に関することですよね。

妊娠・出産をすることになった場合、長期にわたって育児休暇を取ることになるでしょう。 休みに入るタイミングも人によって大きく違い、妊娠してすぐに体調を崩しがちになってしまった場合、早くから休みに入る人も多いです。

妊娠・出産について理解がある職場がほとんどではありますが、中には自分が予定していたほどの産休や育児休暇が取れず、仕方がなく辞めるという選択肢しかなくなってしまう人もいます。

一般的には、産後2ヶ月または育児休暇後の子供が1歳を過ぎてから復帰する人が多いようです。 中には、育児休暇を非常に長く取れるところがあります。 そういったところで働いている人の中には、子供が3歳の誕生日を過ぎてから職場に復帰する人もいるようです。

ただ、一度職場を離れ、子育てがある程度落ち着いてから仕事を探し始める人もいます。 これは各家庭でよく話し合って決める必要があると言えるでしょう。

例えば、子供が一人ではかわいそうだから妹・弟ができてから復帰する、保育所が見つかってから働くなど、家庭で話し合いをしたうえでいつごろ復帰するのが自分にとってベストなのかを考えることが大切です。

注意しなければならないのが、同じ職場で働く仲間にとって迷惑がかからないタイミングで復帰する必要があるということです。 子供を預かってくれる施設がない病院などで働く場合、外に預ける必要がありますよね。

ですが、子供が小さいうちは体調を崩しやすく、頻繁に休んで自分で看病をしなければならないケースも考えられます。

ぎりぎりの人数の看護師でなんとか回っている病院などを選択してしまうと、休みが取れないなどの悩みに直面してしまいます。 無理に休んだりすると他の看護師に迷惑をかけることになるわけなので、人が多い職場を選択することをおすすめします。